貯蓄預金


一方で、利息に対する課税や各種手数料など、普通預金に比べて貯蓄預金はやや複雑化しているかもしれません。
広義には定期預金や定期積み立ての類も含まれるようですが、貯蓄預金というと魅力はやはりその自由度にあるでしょう。
同じ貯蓄預金と言っても、定期預金や定期積み立てではそう自由にお金を引き出すことは出来ません。
しかし、多くの銀行が取扱っている貯蓄預金であれば、自由にお金を出し入れする事が出来、かつお金を預けるだけ得をする事が出来るのです。
もちろん、ただメリットばかりがあるという訳ではありません。
貯蓄預金の特徴は、普通預金のように自由でいながら、定期預金のような金利が期待できるという点で間違いないでしょう。
各銀行によって差があるのですが、だいたい10万円からを目処に貯蓄預金の方が普通預金よりもお得度が増すとされています。
また、10万円辺りを最低限度に、100万円、300万円と預金額が増すごとに貯蓄預金の利率は上昇するようです。
普通預金よりも貯蓄預金の方が、多くの場合でメリットが多いようです。
普通預金と同様にお金の出し入れは出来るのですが、一方で普通預金では出来ることが貯蓄預金では制限されている事も間々あります。
ただ単に利率がお得だから、といった理由だけをみて貯蓄預金のみを選択すると思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。
と言っても、それ程難しいシステムではないので利用できるのなら積極的に貯蓄預金を利用してみるのも良いでしょう。

貯蓄預金は、普通預金と定期預金のいい所を組み合わせたような預金システムと言ってよいでしょう。
知らなかったでは済まされない分野なので、貯蓄預金を利用したいと思ってもすぐ銀行へ駆け込むのは自重したいです。
普通預金のように自由なお金の出し入れが出来ながら、一定額以上預けていれば普通預金よりも高利率が期待できるのです。
事前に、しっかりと情報収集をして、自分にとって貯蓄預金がどれ程有益で、どんな点に留意しなければならないかをしっかり把握しておきたいですね。
貯蓄預金とは、その名の通り貯蓄を目的としてお金を預ける行為全般を指します
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。