貯蓄預金と普通預金との違い

貯蓄預金は、しばしば普通預金と定期預金の中間点にある預金システムだと言われる事があります。
そもそも、普通預金と定期預金の中間というポジションにある貯蓄預金ですが、どちらかと言えば性質は普通預金により近いと言えるかもしれません。
普通預金のような自由さを、定期預金のような金利を、というのが貯蓄預金のコンセプトかもしれません。
確かに貯蓄預金は普通預金と定期預金の中間的ポジションにありますが、両者のシステムをトレースした訳ではないので微妙な違いというものは当然あります。
なるほど、確かに貯蓄預金について知れば知るほど、普通預金と定期預金の中間点だと頷いてしまいます。
普通預金の感覚で貯蓄預金を使用していると、ある日突然困った事になるかもしれません。
貯蓄預金の場合、定期預金のように金利の比較が一つの判断基準となるのではないでしょうか。
もちろん、両者を比べてみた時どちらがという話であり、絶対的に貯蓄預金が普通預金に似ているという話ではありません。
普通預金は、預けているお金に使用する制限がありません。

貯蓄預金をうまく利用すれば、定期預金のようなメリットが得られるでしょう。
そして、普通預金よりも貯蓄預金の方が金利面において何かとお得に感じられるでしょう。
ところで、預金をする際に利用する銀行はどの様な基準で選ばれているでしょうか。
もちろん、近いというだけで、性質の根源は異なります。
一定額預けていれば、さながら定期預金のような金利が約束されるでしょう。
また、一方では普通預金のようなメリットが得られるのです。
もちろん、これら貯蓄預金の特長は、使用する一人ひとりによって有利に働く事もあれば、不利に働く事も有り得ます。
何が一番かを考えるのではなく、自分にとって貯蓄預金が、他の預金システムと比べて有益かどうかを考える必要があります。
ブログやサイトから、貯蓄預金について、普通預金との違いなど詳しい情報をチェックする事ができます
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。