脱税の告発


特に大企業などが組織ぐるみで脱税行為を行ったりすると、その額はとんでもないことになるでしょう。
税とは一番基本的な、富の分配システムであるといえるのではないでしょうか。
しかし、そうした組織ぐるみの脱税における隠ぺい工作も、善意ある構成員の告発によって瓦解することがあったりもするのですから、まだまだ捨てたものじゃありません。
少なくとも、過去にそうした告発によって脱税行為がはじめて発覚したという例も存在しています。
脱税の時効は大体七年であったと記憶をしていますが、もしもその七年間に善意が働かなければ、それは完全に成立してしまったはずなのですから。
場合によっては告発という手段をとらざるを得ないこともあるでしょうが、自分の信念を貫くためにも、それぐらいの覚悟をしておくべきなのかもしれませんね。
組織が腐敗するとろくなことになりません、そのひとつの結果として脱税という犯罪を起こしてしまうということもありえます。
誰もが聖人のように暮らしていけるわけではないということは、もはや分かりきったことです。脱税というのは、やはりその金額の大小によって悪質さが変わってくるものなのかもしれません。

脱税という行為の正当性はまったくありません。
この平和で豊かな国において生活しているという時点で、何らかの対価を支払わなければならないという意識を持つべきでしょう。
脱税に対して罪の意識が低くなりがちな状況は、いくつも生まれると思います。
つまり、国家が国民全員からお金を集めて、それを国民のために使うということに意義があるわけで、脱税を行ってしまうと、国民全員からお金を奪っているようなものです。
しかし、そうした脱税に、善意を持って対処できるような人間でありたいと思います。

脱税がなぜ犯罪なのかと聞かれれば、それは支払うべきお金を支払っていないからということができます
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。