脱税事件


大抵の場合、脱税事件は目に見えないところでおきるものだと思います。
普通に暮らしていけるのに、脱税なんかを行ってしまったせいで、社会的な信用をすべて失ってしまうということでしょう。脱税に関する事件は、毎年後を絶ちません。
しかし、仮にもしも脱税の違法性を、所得を隠された本人が気づいてなかったとして、その責任が軽減されるわけではないと思います。
いったい彼らは何を考えて、脱税事件を起こしてしまうというのか、少し気になります。
裏での所得の隠蔽によって、脱税事件が成立しているということです。
しかし、所得を偽ったりして、納めなくてはならない金額分を脱税などしてしまえば、言うまでもなく犯罪です。
そういう法律知識と、悪意を持った第三者が脱税事件の元凶になったという例も少なからず存在しています。

脱税は、言うまでもなくれっきとした犯罪です。
脱税を持ちかける輩の中には、違法性をひた隠しにしている人間もいることでしょう。
また、節税などといった言葉遊びで、脱税の違法性をカモフラージュすることもあると思います。
脱税を犯すということは今持っている資産に満足していないということですが、そういう人間はいくら稼いでも幸せにはなれないでしょう。
そもそも高額納税者は、それだけの収入を得ているわけですから、それ相応の社会的モラルをもって生活しなければいけないでしょう。
成功者が脱税のような行為を行うことは許されないのです。
そういう人間が資産を持ち続けることを、社会は許容しないでしょう。
つまり脱税とは、成功者たる資格を失うという行為に他ならないのです。
納税は果たすべき義務であるということを忘れてはなりません、そういったことを忘れた人間は富を持つ、資格などないのですから。
確かに税金の一部免除を行う申請などは、法律知識がないと分かりづらく、そうしたことを行うときに、法律の専門家が役に立つということもありえるかもしれません
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。