脱税の時効

脱税の時効とは、いったいどれくらいの期間になるのでしょうか。
脱税といっても、その額の大小はあると思います。
かなり大きな金額でない限り、わが国で脱税は起訴されないようですが、それでも罰せられる人がいるということは、それだけ悪質性が高い脱税が多く存在しているのでしょう。
そんな脱税の時効は、基本的に七年だと聞いたことがあります。
感覚とすれば、脱税の時効はかなり短いほうであるとあると感じますが、どうなのでしょう。
それだけ収入があるのなら、脱税などをしなくても人より豊かな生活が送れるはずなのに、なぜ犯罪を行う必要があるのでしょうか。
脱税が成立するまでの滞空時間というわけですね。
特に罪に問われるほどの脱税を行うような人は、人より収入が多いということになります。
彼らというのは、十分な収入があるのにも関わらず、所得をごまかしたりして、脱税行為を行う人たちのことです。
結局のところ彼らは脱税という犯罪行為をしてでも、自分の資産を減らしたくない、税金を支払いたくないのでしょう。
もちろん、誰だってそういう考えはあると思います。
しかし、何億という所得がある彼らが脱税をしてまで、自らの資産を守るという行為は、もはや守銭奴といわれてもおかしくない行為でしょう。
結局かれらは満ち足りるということを知らないのだと思います。
どれだけの収入があったとしても、どれだけの資産があったとしても、満ち足りることなく、まるで飢えているかのごとくに金銭を求める存在に成り果てているようです。

脱税の罪の意識というものは、ほかの犯罪に比べてすくないといえるのではないかと思います。
脱税に関わらず、さまざまな犯罪に、時効の成立する期間というものは存在しますが、これは長いというべきなのか、短いというべきなのか。
税金というものを、支払わなくてもいいと思うということは、自分の稼いだお金だから、すべて自分のものだという意識からきていると思います。
脱税をなくすためには、経済的に豊かな人たちが精神的にも豊かにならなくてはいけないと思いますね
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。