グッドウィルの脱税事件


近年の脱税に関して言っても、かなり巨額のお金が動いているようで、社会の闇を感じてしまわずにはいられませんね。
税金を納めるということが、いかに大切か、少し考えれば分かると思うので、本当は脱税の悪は誰にも分かっているのではないかと思います。
だからこそ、法的知識の悪用によって脱税を行おうとする輩が後を絶たないのかもしれませんね。
税理士が一人脱税容疑で捕まったなどという話もありますし。脱税行為を行うことが犯罪であるということは、皆さんご存知のことと思いますが、実際どのような点が社会的に問題ありといわれるのでしょうか。

脱税といえば、最近聞いた話で言うと、旧グッドウィルの人材派遣会社が企業買収に伴ってなにやらあったようです。
個人ではなく、法人が脱税を行おうとすると、その規模もまた巨大になりがちであると思われます。
そうした事態を避けるために、まずは誰もが脱税に対する意識を変え中得ればいけないでしょう。
とまあ、一般市民的な目線から見れば、脱税というものは非常に憤りを感じずに入られない罪ではあります。
私たちが稼ぐ額より多くの金額を、税金を誤魔化して手に入れるのですから、なんともひどい話だとは思いませんか。
脱税とは、本当に庶民の敵とも言うべき犯罪ですね。

脱税を防ぐためには、具体的にどうしたらいいのでしょうか、少し考えてみることにしましょう。
何らかの形で脱税に対しての対策をとっておかねば、いずれまた大規模な事件に発展するのではないでしょうか。
にもかかわらず、脱税が行われ、しかもそれが毎年のように逮捕者を出しているのにも関わらず繰り返されるのは、なんとも不可解なことではないでしょうか。
たしかに脱税はほかの犯罪と比較してもいろんな意味で分かりづらい行為ではないだろうかと思います。
もはや彼らは、法律知識を持っているだけの性質の悪いごろつきですね
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。