個人投資家とは

個人投資家とは、平たく言ってしまえば、個人の投資家と言う事であろうが、この場合の個人の定義が、問題になってくるかもしれない。
取りあえず個人投資家は、株式の動向を見て投資先を検討する。
パソコンや携帯電話でネットに接続し、オンライントレードで株などを売買する個人投資家が、かなり増えてきているようだ。
損益を出して泣くのは、個人投資家本人であって、どこまでも自己責任の世界だ。
個人投資家のあなたが、取引で失敗しない為には、経済の動向を正確にキャッチして、情報収集力と判断力を養う事に尽きる。

個人投資家と言う言葉は、最近ニュースなどでよく聞かれるようになったが、それだけ「個人」での取引が、増えてきた証拠だろう。
個人投資家は、「機関投資家」である金融機関に、投資を委ねるという図式だが、最期に責任を取るのは、個人投資家であるという事実は確認しておきたい。
「投資」と聞いて、すぐに連想されるのは「株式投資」であろうが、個人投資家が先ず、動向を見るのは株式であろう事は間違いなかろう。
口座開設の簡便化や、手数料の引き下げに後押しされて、個人投資家の取引額は、相当な勢いで伸びているらしい。
極端に言えば、あなたも明日から個人投資家になれるのである。

個人投資家の初心者が、先ず始められるのは、株式の「オンライントレード」あたりで、海外取引や先物取引などは、その道のプロでなければ、迂闊に手を出してはいけない。
これから、会社経営や株式、取引を考えている方は、個人投資家の取引やその仕組みも熟知しておいた方が良いかもしれない。
若い人の中には、ゲーム感覚でパソコンの前に座り、株の「デイトレード」でかなりの額を取引して、大儲けしている人がいるが、こういう人達も個人投資家と言って良いだろう。
昔は、「相場師」と言われていた個人投資家だが、現在は随分と市民権を得たようだ。
個人投資家または「相場師」、或いは「トレーダー」と呼称は沢山あるが、共通しているのは、「相場や株などの取引で、利益を得る人」と言うことになろう。
今や、サラリーマンは勿論、主婦や学生でも個人投資家になれる。
個人投資家への第一歩は、あらゆる取引の「いろは」を紹介する、ビジネスサイトや口コミ情報を見る事かも知れない。
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。