個人投資家の取引方法


肩の力を抜いて、小遣い稼ぎ感覚で、勉強させて貰うという謙虚な姿勢が、個人投資家としての正しい道であろう。
現在では、主婦や学生、サラリーマンでも個人投資家になり得る時代である。
個人取引のサイトや、口コミ情報などをネットから取り出して、個人投資家になる為の予備知識を得てみると良いかもしれない。
恐らく、世界で最も成功した個人投資家であろう、ウォーレン・バフェット氏も、最初は1株38ドルの株を、姉と共同で3株購入したのが最初だという。個人投資家の取引の基本は、自分の能力の限界を、見極めることかも知れない。
総資産6兆円とも言われる、ウォーレン・バフェット氏の、個人投資家としての第一歩でさえ、「114ドルの取引」で始まった事を憶えておきたい。
114ドル(1ドル90円換算で約1万円)から、6兆円になるまでの、彼の個人投資家としての道のりは、決して順風満帆ではなかったはずだ。
彼は取引を拡大していく過程で、個人投資家としての「カン」を養っていったのであろう。
株式投資や取引を考えている方は、個人投資家としての「カン」を、彼から学び取るべきだろう。
個人投資家としての資質は、誰にでもあるはずだ。

個人投資家の取引は、株式や投資信託、FXなどが頭に浮かぶが、他にも有るだろう。
かといって、ここという時の、思い切りや勝負カンのようなものも、個人投資家には必要になってくるので、難しいのである。
イメージとしての個人投資家は、経済的に余裕がある人という印象を持つが、現在ではだいぶ敷居は低くなっているようだ。
超有名な投資家である、ウォーレン・バフェット氏の個人投資家としてのデビューは、11歳の時に「シティ・サービス」の株を、1株38ドルの株で、3株購入したのが始まりである。
先ずは、お小遣い稼ぎ感覚で、個人投資家にチャレンジしても良いだろう。
個人投資家になれるチャンスは、どなたにでもあるのだ
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。