個人投資家の有名投資家

個人投資家といえば、有名な「ウォーレン・バフェット」の名を挙げない訳にはいくまい。
世界中の投資家から尊敬を集めている彼は、個人投資家として最も有名な人物といえそうだ。
言わば、個人投資家の憧れの的が「ウォーレン・バフェット」であるが、その他にも投資業界で名を馳せた人物は、何人もいるだろう。
ご存知の方も多いと思うが、個人投資家としては、恐らく世界で最も成功した人物であろう。
あなたの個人投資家としての資質も、磨かれていくはずだ。

個人投資家の初心者が陥りやすい失敗として、「成功を焦る」事が挙げられるだろう。
最初は肩の力を抜いて、小遣いの範疇で勉強させて貰うという、謙虚な姿勢で個人投資家デビューをしていただきたい。
有名個人投資家のバフェット氏は、すでに自分の遺産の85%にあたる374億ドルを、5つの慈善財団に寄付すると発表している。
これから、会社経営や株式投資を考えている方は、これら有名個人投資家のノウハウを、彼らから学び取ってみては如何だろうか。
時は流れて、今はサラリーマンでも、主婦や学生でも個人投資家になれる時代で、英語で言えば「トレーダー」になろうか。
今後も、一般人の個人投資家は、確実に増えると思われる。

個人投資家として有名な、ウォーレン・バフェット氏のエピソードを紹介したが、氏は慈善事業にも積極的に取り組んでいるという。
「投資」や有名個人投資家というと、とかく「金の亡者」のような印象を受けるが、欧米ではバフェット氏のように、慈善運動や財団に寄付する事で、社会に利益を還元している。
若い人の中にはゲーム感覚で、株の「デイトレード」などで、かなりの大金をつかんでいる人もいるが、個人投資家のスタートとしては、どうなのだろうか。
「機関投資家」の対語が個人投資家であるが、主に金融機関などが「機関投資家」に当たるだろう。
どこまでも、「自己責任」の投資の世界であるが、それは有名個人投資家であっても同じである。
個人投資家のあなたが、有名になる、ならないに関わらず、経済の動向を正確にキャッチし、情報収集力と判断力を養う事が、成功の鍵になろう
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。