個人投資家の株購入の注意点

個人投資家としてのスタートは、株式の購入だった、という方は多いだろう。
情報収集力と判断力を養う事は、個人投資家としての必須条件だろうが、何よりも経験が大切なのは、どんな世界でも同じだろう。
イメージとしての個人投資家は、経済的に余裕があり、一般人には無縁の世界に感じるが、今日はそうでもないようだ。
サラリーマンが、小遣いの範囲で始められる投資もあるだろうから、個人投資家と言っても雲の上の存在ではない。
株式はタイミングの勝負であるから、ある意味ギャンブルと同じで、個人投資家としての「カン」を養う事も大事だ。

個人投資家の最初の株式投資は、取りあえず銘柄の選択だと思うが、これは感覚で選ぶしかないだろう。
日頃、自分が好感を持っている企業の銘柄を買うのは、個人投資家として間違ってはいないと思う。
例えば、若い人であればゲーム産業の株とか、主婦であれば、食品メーカーの株を買うという選択は「アリ」だと思うし、個人投資家としてのスタートとして賢明であろう。
まして主婦や学生、サラリーマンなら尚更であり、個人投資家の初陣は、そう華々しいものではない。
個人投資家としてのデビューは、気負わず「勉強してみよう」という気持ちで、始めてみては如何だろうか。
株式関連のサイトなどで基本を学び、個人投資家になる為の予備知識を、蓄積して頂きたい。

個人投資家の取引として、FXや株式、投資信託などが頭に浮かぶ。
FXや株式、投資信託などは、初心者が始めやすい取引だと思われるので、個人投資家としての第一歩を踏み出すには、格好の取引方法だ。
個人投資家は、最終的には自己責任の世界であるから、尚更、慎重にならざるを得ないだろう。
株式投資をやっている方は、ギャンブル好きが多いらしいが、個人投資家と「ギャンブラー」の資質は似ているかも知れない。
個人投資家への道は、どなたにも開いているが、険しい山道もあることを銘記したい
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。