日本個人投資家協会


「投資」とは、株式や金融商品を売買して利ザヤを稼ぎ、資産を殖やしていくことで、これは「機関投資家」も個人投資家も同じである。

個人投資家が、珍しい存在ではなくなってきている今、日本個人投資家協会の存在は、更に大きく、重要になってくることは間違いない。
個人投資家が、日本個人投資家協会に入会するには、規約に同意して、入会金と年会費を納めればよい。
個人投資家、特にサラリーマンや主婦、学生の方は、入っておいて損ではない、日本個人投資家協会ということになる。
日本個人投資家協会は、個人投資家の保護・育成を目的としたNPO団体で、特定非営利活動法人になっているそうだ。
いわゆる、「オンライン・トレーディング」が、個人投資家の窓口を、大きく開いている事実は否定出来ないだろう。
これほど個人投資家が増えて、その取引額も右肩上がりになってきている昨今、日本個人投資家協会の責任も、大きくなってくると思うのだ。
個人が手軽に株式が購入できる時代だからこそ、個人投資家の力量が試されているし、ネット環境、パソコンや携帯電話など、端末機器の普及がそれに拍車をかけている。
年々増加している個人投資家の取引額だが、オンライン専門の証券会社も、出現していると聞いている。
個人投資家が遭遇するであろう、あらゆる問題やトラブルの解決に、親身になってアドバイスをしてくれることだろう。
日本個人投資家協会などの、NPO法人の意義を、十分に理解しておくべきだろう。個人投資家は、日本個人投資家協会に、入会している方が多いと聞いている。
専業個人投資家ならば、尚更、日本個人投資家協会に入会することをお勧めしたい。
個人投資家は、個人の責任において投資をするので、一つの指標として、日本個人投資家協会などのアドバイスが有り難いのだ。
個人投資家は、すべて自己責任で対処しなければならないので、誰かのアドバイスが必要なのだ。
個人投資家ならば、ネットなどで情報を収集しながら、日本個人投資家協会などの情報も、併せて収集したい
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。