個人投資家の損失を最小限にする方法


個人投資家は、最期まで、自己責任で対処しなければならないので、気が抜けないのである。
損失を出してしまえば、個人投資家は次の手を打てない。
なんとなれば、個人投資家はあくまで個人であるから、損失を出してしまう事自体、次の取引に差し障りがあるからだ。
「機関投資家」である金融機関では、セーフティーゾーンを把握して、組織全体でリスクヘッジを万全にするが、個人投資家はそうはいかない。
「機関投資家」も個人投資家も、最終目的は、株式や金融商品を売買して利ザヤを稼ぎ、資産を殖やしていくことだ。
それだけ、個人投資家への敷居が低くなってきたとはいえ、損失を含め、注意すべき事は知っておいて方が良いだろう。
自分の小遣いの範囲で取引している個人投資家と違い、機関投資家の取り扱う額は桁が違う。
個人投資家が損失を出した場合は、せいぜい「家族崩壊」程度、(それも大変な事だが)であるのに対して、金融機関が出す損失は、従業員を路頭に迷わせ、公的被害も甚大であろう。
ネットなどで投資情報を収集し、できるだけ損失を出さずに取引しなければ、個人投資家としては失格と言っては、言い過ぎであろうか。個人投資家は、損失を最小限にする事を考えるべきだ。

個人投資家は、個人取引が普及してきた現在、珍しい存在ではなくなってきている。
投資だけで生活していける個人投資家ならば、尚更である。
ネット環境が整い、パソコンや携帯電話で、手軽に株式が変えてしまう現代において、個人投資家の力量が試されている。
個人投資家の取引額が、年々増加していることを受けて、オンライン専門の証券会社もあると聞いている。
一歩間違えると、ゲームのように手軽に個人投資家になれてしまう時代なのだ。
あなたも個人投資家になろうと思えば、今日からなれるが、損失などのマイナス面を、十分に理解しておくべきだろう
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。