債務超過と減資

債務超過の減資には、有償減資と無償減資があります。
債務超過においては、資本金等の額は変わることはありません。
その結果、均等割額は債務超過では、資本金を減額しても最初のままで変わりません。
資本金等の額を減らす方法は、債務超過においては、有償減資があります。
資本金が大きい債務超過の会社は、均等割額の負担はなるだけ回避したいものです。
株主総会で債務超過の資本金の減資の決議をします。

債務超過において有償減資は、資本金の減少手続きと剰余金の配当手続がセットです。
債務超過のための配当金は未払いになります。
利益積立金は、債務超過なのでありません。

債務超過においては、会社法上の大きな障壁が立ちふさがっています。
未払い金の評価については、債務超過での回収可能性で判断しなければならないので、その価額は一円とされます。
債務超過の会社での有償減資の効力は、公正に行わなければ意味がありません。
会社法上では、債務超過の剰余金の配当には財源規制がかかります。
そうしたことから、債務超過会社には分配可能利益は一切存在しません。
税務上のみなし配当課税も、債務超過であることからありません。
そして債務超過では、一般に公正妥当と認められる会計基準についても疑いがもたれます。
しかし債務超過会社にとっては、こうした処理や手続きが利害を生むとは思えません。
こうして、債務超過の有償減資による資本金等の額の減額は完了します。
また債務超過によって、課税上の弊害があるようにも思えませんし、考えどころです。
そして債務超過では、資本余剰金を配当原資として余剰金の配当を決議します。
債務超過ではこのため、債権を会社に現物出資することになります
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。