債務超過の定義

債務超過という言葉の意味を厳密に定義していくと、貸借対照表のうち、純資産の部がマイナスになる状態のことを指します。
この債務超過の定義は重要であるものの、少しわかりにくい点もあります。
債務超過でバランスシートの資本の部がマイナスとはどういう状態の時なのか。
それは何に対して債務超過になっているかと言うと、資産に対してと言うことです。
自分の資産は、銀行預金や、株や債券などの金融資産などはもちろん、家や自動車、電化製品などを全てひっくるめて提供しても返せない時に債務超過になると言うことです。
しかし実際には債務超過になっても、延命している会社は意外と多かったりします。
それには、自己資本がマイナスになっても、新しい資金調達をして債務超過を免れたり、資金繰りを続けていけば債務超過を解消し倒産を回避することは可能です。
債務超過を回避して、返済できる状態と言うのが黒字経営です。
要するに、債務超過の状態と言うのは借金を返せない状態ということも定義になります。
この黒字経営を維持することが、債務超過の状態に陥らないようにする基本になります。
かなり分かりやすく言えば、自分が持っている資産を全て注ぎ込んでも、借金が返せない状態が債務超過です。
債務超過に陥ると借入を繰り返すことになり、結末は悲惨なものと想像できます。

債務超過というのは、個人であっても企業であっても異常事態と言えるでしょう。
会社の場合には、日頃から債務超過状態にならないように、毎日のバランスのとれた経営が必要になってきます。
万が一債務超過に陥ったとしても、返済できるような体制を構築することが大切です。

債務超過は、新しい出資者から出資を受けて資本金を充当できれば債務超過の状態から抜け出ることもできます。
この場合、預金を全て借金に回したとしても、50万円の債務超過の借金が残ります
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。