日繰り資金繰り表の作成


そのためにはやはり、日繰り資金繰り表を作成することが急務となるでしょう。
キャッシュフロー計算書や資金移動表などが資金繰り表でよく作成されます。
このように一口に資金繰り表と言っても、様々なものがあるでしょう。
そうしたことから、手書きよりもエクセルなどで緊急資金繰り表を作成するのがベストです。資金繰り表を作成している人は沢山いるでしょうが、それにも色々なものがあるでしょう。
そうした土壇場の状態では、資金繰り表で対策を打っていかなければなりません。
要するに資金繰り表で、支払いの優先順位をつければいいと言うことになります。
しかしどのような支払の優先順位をつけるべきか、資金繰り表で悩むところです。
そうした場合に、緊急資金繰り表を作成することも有効でしょう。
緊急資金繰り表は、資金不足を解消するために何度も支払日を移動しなければなりません。
資金不足が日次資金繰り表に表示されるケースでは、経理担当者はかなり追い込まれます。
しかし現実には、そうした緊急資金繰り表を作成している会計事務所は疑問でしょう。
資金繰り表対策で大切なことは、資金繰りに追われて場当たり的な対策を取らないことです。
緊急資金繰り表は、あくまで経営再建対策の準備作業のようなものです。

資金繰り表で不足の自体に陥らないためには、日繰り資金繰り表が不可欠です。
しかし現実は緊急資金繰り表対策で資金繰りが楽になっても、経営再建を忘れてしまいます。
資金繰り表ですぐに支払う必要があるものと、待ってもらえるものとを分けるわけです。
新規融資が断られている現状では資金繰り表の優先順位はあまり上げない方がいいでしょう。
日次資金繰り表に資金不足が生じた場合は、事前に金融機関に融資の申し込みを行います。
日繰り資金繰り表を作成することによって、冷静な判断で対処が可能になります
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。