資金調達とは

資金調達とは、事業を始める際に、会社や個人事業主が設備や運転資金などの必要な資金を借入れなどの方法によってお金を集めることを指します。
簡単に言えば、事業のために必要な資金を仕入れることが資金調達と言うことになります。
また、増資や社債発行など、他にも資金調達を行う手段というものは様々あります。
中小企業、自営業者にとっての資金調達手段は、銀行借入が一般的で妥当です。
資金調達の方法にはどれがいいというように決まったものではなく、それぞれに一長一短があるのでその状況に合わせて、適切な選択をしていく必要があります。
自己資本による資金調達というのは、株式の発行による調達のことを言います。
また、負債による資金調達というのは、金融機関からの借入を指します。
民間銀行や国民生活金融公庫による政府系金融機関、そしてノンバンクなどからの借り入れによる資金調達が可能になります。資金調達に対応する概念として、投資などの資金運用がありますが、これはキャッシュ・フロー上の概念として定着しています。
設立した後の出資や増資については、中規模会社では、代表者や役員・親族の増資が一般的です。
それは、株主からの出資によるもので、株式会社の場合は、創業時において代表者や役員、そして親族などから出資を受けることによって、資金調達を行います。

資金調達の企業の場合に考えられる点として、次のような方法が考えられています。また、一方において、第三者から出資を受けることで資金調達を行うことも可能です。
しかし資金調達は、第三者から出資を受けようとしたところで、出資者を実際に探すことが難しいので、実際にはあまり行われていないのが実情です。
そしてこの資金調達には、コマーシャルペーパーや社債の発行によるものも含まれます。
債権者に一定金利を支払うことを約束して社債発行する形の資金調達手段です。
株式上場企業では、社債発行による資金調達ができますが、中小企業の場合は、社債購入者を見出しにくいので、現実では困難と言えます。
その他の資金調達の方法では、補助金や助成金の利用などが挙げられます
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。