資金調達の方法

資金調達方法の手段は、出資を受ける、融資を受ける、社債を発行する方法です。
第三者の出資を資金調達で受けることは、非常に難しい問題でしょう。もし代表取締役だったとしても、出資者の意向で解任されるか分かりません。
億単位の出資を資金調達で、投資家やファンドなどから受けることは可能です。
融資や借り入れが資金調達の一番取り組みやすい方法と言っても過言ではありません。
しかし返済の義務はなくても、投資で資金調達を受ける場合、会社の所有権を出資者に渡す必要が出てきます。
それは、会社への忠誠心が高く、信頼がある場合のみに資金調達が可能だと言えます。

資金調達を中小企業、自営業者が行う方法は、やはり、融資や借入でしょう。資金調達の方法には大きく分けて二つあり、それは融資と投資になります。
資金調達の投資は第三者から出資をしてもらうことになるので、出資をした人は、事業が軌道に乗った際には、配当を得る権利を受けます。
できるだけ条件の良い、金利や手数料負担が低い金融機関から資金調達することです。
資金調達での社債については、社債購入する債権者を探すことが困難です。
資金調達の融資はお金を借りることで決まった期日に元本を返済してくのが普通です。
利息も当然に支払う必要があり、事業が軌道に乗るか否かに関係なく返済義務があります。

資金調達の投資の方には返済義務が生じないのが特徴です。
ただし融資、借入での資金調達の場合、金利負担が伴うので検討する必要はあります。
もしその事業が失敗すると、出資したお金が戻ってこないリスクも背負うことになります。投資で資金調達をした場合には、上手くいけば出資者に配当を渡すことができます。
株式を譲渡することは、渡す株式の割合によって会社の経営にも口を出されることです。
この方法は現実的であるとは言えませんが、中小企業によっては、社員に社債を発行することで、資金調達を行っている会社もあるようです。
投資で資金調達を多く受け入れても出資者の議決権で権利が移行する場合もあります。
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。