株式会社の資金調達


また、資金調達の方法として、自治体によっては、雇用促進事業で、国や自治体との政策に合致する業種に対しては返還する必要のない助成金や補助金を出す自治体もあります。
そういう時は金融機関の創業融資制度を利用するとよく、この制度のメリットは、無担保、無保証人で最大750万円までお金を資金調達できるところにあります。
社債も資金調達の負債の一つになりますが、この場合は無担保の債務になります。
要するに担保物件を設定しない借入金になり、社債は優先社債、劣後債に分けられます。事業に成功している人は、自己資金を準備している人も多いですが、自己資金が不足していれば、まず、資金調達として借りやすいのは家族や親類などになります。
しかし家族や親類から資金調達すると、資金を出したということで経営に口を挟んだり、揉める原因になるので、家族や親類からの資金調達はあまりよくないでしょう。どうしても、という場合には借入れするという名目で資金調達するといいでしょう。

資金調達として株式会社を設立する以前に、銀行の融資を受けるためには、土地や建物の担保がないと、融資は受けられないものです。
担保設定をして資金調達で資本を貸すのは銀行側であることは言うまでもありません。
要するに資金調達の負債が返済されないことになると、倒産に結びつきます。
一般的に、株式発行による資金調達は、返済義務のない資金となります。
一方、社債発行による資金調達は、負債となって返済義務のある資金となります。
結局、株式会社の経営者としては、株式による資金調達に依存することになります。
資金調達には様々な方法がありますが株式会社を設立するにはお金がかかります。
そして、資本市場の金利状況によっては、株式よりも社債での資金調達のほうが低コストで、社債の負債が資本金に見込める場合は、社債で行う場合もあります。
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。