M&Aの資金調達

資金調達をM&Aでするには、その買収企業の価値により異なりますが、普通は数億円以上です。
数億円を資金調達で躊躇なく払えるのはすごいですが、普通はそうはいきません。
資金調達や融資、経営においてはとても重要な用語になりつつあります。
増資とは特定の人から、また公募により株主から資金を集めることで、資金調達します。
資金調達の買収資金が必要ない方法は、買収会社が、買収する会社の対価として、一切現金を支払わない方法ということになります。
M&A資金調達は、包括的な業務提携及びOEM提携なども含まれます。
この方法によれば、キャッシュが流出せずに資金負担が少なくなる効果があります。
資金調達せずにできるので素晴らしい側面がある一方、買収会社の株主構成が変化するという意味合いを持つことになります。

資金調達をせずに自己資本でまかなう方法とは、買収会社が、買収する会社の株式などの対価になる資金を、内部留保や増資によって行う方法です。
内部留保でまかなう場合でも、流動性のある使用可能な資金で、余剰の資金です。
そしてM&Aの買収資金の資金調達自己資本でまかなう方法と他人資本でまかなう方法などが考えられます。
他人資本による資金調達は、買収会社が、買収する会社の株式などの対価となる資金を、借入金や社債で行う方法です。

資金調達M&Aは、企業の合併や買収を指し、ライブドアや村上ファンドで話題になりました。
M&A買収の資金調達の方法には色々な考え方があり、簡潔に言うと3つあるのです。
M&A資金調達は、新規事業への参入や企業グループの再編、そして業務提携や経営不振の企業を救済する目的として行われることが多いようです。
こうした資金調達する必要にないケースとしては、合併、株式交換、会社分割などがあげられ、その対価としては買収会社の株式がそれになります。
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。