NPOの資金調達法


やはり団体が、継続的に自立した活動を続けていくためには、それなりの資金が必要であり、その資金調達を実施する経営能力も問われることになります。
資金調達NPOが企画書以外に用意すべき予算書は、具体的な数字を公開することです。
活動費や、団体運営費などは資金調達せずに特定の個人が捻出すればいいと考える人もいるでしょうが、そうした形をとると、団体活動が個人に依存してしまいます。
資金調達をしないと、団体として自立した活動をすることが困難になるのです。
資金調達が必要な理由は、事務局の運営及びスタッフの給料、そしてアルバイト代や会報誌の制作費、さらに会場費や文具などの消耗品代などが必要になります。

資金調達NPOがおこなうその方法としては、会費やカンパ、寄付や物品販売、そして助成金や参加費、さらに協賛金や広告料、経費の削減などが挙げられます。
企業などの場合に比べ、資金調達NPOはバリエーションに富んでいる特徴があります。
この会費制度は、資金調達NPOとして団体の活動を支えるだけでなく、規模拡大を図る上でも、大きな活動の支えになります。会費とは、NPOのミッションに賛同した人が、会員として支払うお金のこと指します。
資金調達NPO にとっても、重要な資金源となるので、各団体は、正会員、準会員などの段階で分けることによって、多くの人に参加してもらえる工夫が凝らされているのです。

資金調達NPOの方法は、色々な形を選択して組み合わせることが可能です。
会費を払うことで、資金調達NPO としての支援をすることにつながります。資金調達NPOの多くがボランティアに支えられているというのが現実です。そしてスケジュールや協力者の紹介、参加者、成果などを盛り込むべきです。
活動のためには、色々な資金調達が必要となってくるということです。
それが団体の社会的信用を高めて、資金調達NPOの信頼を勝ちうることになります。
企画書が優れていても明確な支出と収入が示されなければ、企画倒れです。
予算書は資金調達で重要な役割を果たすので具体的な数字を計上することが重要です
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。