資金調達コストの考え方

資金調達コストとは、企業が事業を行うために要したコストのことです。
資金調達コストには、資本コストと負債コストの2つがあります。
事業を継続する上ではとても大切なのが資金調達コストで、それは企業の血液ともいえる資金を供給し続ける為に必要なコストなのです。
資金調達コストであるエクイティファイナンスという新株発行に伴う資本コストは、株主が企業に期待する利回りになります。
企業が成長段階の際は、株価上昇が期待を満たす役割を果たし資本コストは低くなります。
それは資金調達コストが企業が資金を調達する費用なので、年率で表現されるのです。
資金調達コストについては、一度理解してしまえば誰でも簡単に理解することは可能なのですが、自己資本と他人資本とではまた変わってくるので注意が必要です。
しかし、格付けは第三者の格付機関が設定するので、格付機関対策は必要になるでしょう。
デットファイナンスに伴う資金調達コストを押さえることは容易でしょう。
住宅ローン金利4%でマイホーム購入のために銀行から資金を調達したとき、その資金調達コストは4%になります。
資金調達コストにおいても、年率換算で表現するので分かりやすくはなっています。その方法は、WACCと表記してWACCを算出するには、銀行からの借り入れ費用や株式発行による資金調達費用、社債発行費用などを求めることになります。
そして、税金も十分に考慮していかなくてはなりません。
資金調達コストを求めるためのWACCは明快な数式で定義できるのですが、本当の意味を理解するには多少時間を要するかもしれません。
そして両親や親類から無利子で頭金などを借りることが可能であれば、住宅購入のための資金調達コストはより低くなるでしょう。
直接金融によるデットファイナンスに伴う資金調達コストは企業の財務内容に基づく
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。