ジャスダックの新規上場情報


そして新興企業全体のさえない市場を考えると、新規上場のウルシステムズはまずまずのスタートを切ったと言えるかもしれません。
新規上場ジャスダックは、公開価格を下回る415円で一旦寄り付いた後に、418円の高値、385円の安値を付けた後、最終、390円台半ばで落ち着いています。
その後、ジャスダック新規上場は、公開価格を下回って推移している現状です。
ジャスダック新規上場は、エネルギーコスト削減効果を有する商品を展開しています。
今年になってジャスダック新規上場になったのは第3号で、その公開価格は420円、公開株式数は207万株と発表されています。最近では、ユビキタスエナジーの新規上場の承認も発表しています。

新規上場について、ジャスダック市場にウルシステムズも参入しました。
ウルシステムズは、新規上場に伴い2000株を公募して、1000株を売りに出しました。
先に新規上場した2社が公開価格より大きく上回る初値形成で人気になりました。そして環境負荷削減効果を有する商品の販売をジャスダック新規上場は行っています。そして、コンサルティングも手がけて、ソニーなどの大手での実績も持っています。新規上場の1株あたりの公募売り出し価格については上限である65万円に決まりました。
そして、ソフトウェアの開発販売をするプロダクトベースソリューション事業の2つを新規上場ウルシステムズは行っています。
ドリコムを筆頭に、最近新規上場した企業は短期的な急騰からくる利益確定の売りがかさむことで、大幅安となっている傾向があります。
それは単なるシステム開発方法論のみならず、事業戦略の立案や業務分析も行います。
ウルシステムズが新規上場で調達した約12億円は、オフィス拡充に要する設備資金や事業拡大に必要な研究開発資金に充てられます
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。