新規上場の企業情報

新規上場の企業情報はどのようにすれば得られるのでしょうか。
現在では、インターネットの急速な普及によって、機関投資家であるプロに負けないくらいの速さで企業情報が入手できるようになっています。
日経新聞社のサイトなどでは、新規上場企業や株価ニュースを常に掲載しています。
またヤフーニュースなどでは、複数の新聞社のニュースを常時配信しています。
そして企業決算などの情報は、東京証券取引所の「TDnet」において、全ての新規上場企業の決算内容及び業績修正情報などを参照することができるようになっています。
そうしたことで、それだけでも新規上場企業数は減少し、親会社が子会社を完全子会社化するケースが増加していることも、減少を後押ししている結果になっています。
新規上場企業情報は、背後に常に世界の経済動向がからんでいます。
特に新規上場企業は3年連続減少の24社となっており、まったく振るわない状況で、これは3年前と比較すれば、約3割も落ち込んでいます。
昨年、東証に新規上場した企業で、経営統合や合併、事業再編のテクニカル上場以外の企業は14社とふるわず、いかんともしがたい状況です。
東証第2部に新規上場した三菱総合研究所や八洲電機などがそれです。

新規上場のテクニカル上場の銘柄には、明治ホールディングスやコーエーテクモホールディングスなどがあります。

新規上場する企業数が減っており昨年末には外国会社を除いて2299社になっています。そして吉本興業は経営陣による企業買収から、上場廃止となっています。
新規上場は、時価総額で5億円未満になった時は、上場廃止規定に抵触します。
世界的な景気悪化による企業の業績不振が、新規上場に歯止めをかけていることは否めませんが、株価低迷の影響も大いにあるのです。
昨年、マザーズに新規上場していたモックがこの規定に引っ掛かって上場廃止になった経緯があります。
posted by tomoko at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。