重曹には天然物と合成物が有ります。

重曹には天然物と合成物が有り、正式な名称は、炭酸水素ナトリウムです。弱アルカリ性で、1.研磨作用2.中和作用3.軟水作用4.発泡作用5.消臭・吸湿作用の5つの性質があります。重曹は古くから家庭では便利な常備材として使われてきました。今再び見直してみませんか?エコロジーな暮らしをお手伝いする魔法のような粉ですよ。



弱アルカリ性なので、洗剤、柔軟剤やナチュラルな漂白剤として利用でき、がんこな汚れの染み抜きもできます。さらに細かな粒子であり、殺菌効果もあるので、クレンザーとして陶器、金属の清掃に威力を示し、がんこな換気扇、パイプクリーナーやお風呂の掃除にも威力を発揮します。また、脱臭効果を利用して、冷蔵庫や食器棚、靴箱やタンスの臭い取りにも使える万能常備品といえます。



重曹の弱アルカリ性は、お肌にとても優しいのです。これらの特徴を利用して、重曹を美容に活用してみましょう!デオトラント効果で、においを消して、さっぱりとした洗い心地が得られ、研磨、殺菌作用でお肌をピカピカにします。さらに重曹湯は、血管を拡張し、血行を促進する働きがあるので、疲労回復、神経痛、肩や腰の痛みや凝り、冷え性、皮膚の活性化など様々な効果があります。



お分かりの通り、多方面に応用できるすぐれたアルカリ剤の重曹は、人体や環境に負担をかけにくい優秀選手です。それでも間違った使い方をすれば毒にもなり、無駄になります。生活にあふれる合成有機物による環境への負荷を少なくし、美しい地球を守るには、それぞれの性質をよく理解して上手に使い分けることが重要です。日頃、便利だけを追い求め見失っていた生活をもう一度見直し、このように優秀な重曹を上手に利用したいものですね。

posted by tomoko at 02:42 | Comment(0) | 重曹活用術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。